MENU
平成29年度薬剤師合同研修会開催
2017/10/31

2017年10月29日(日)、全日空ホテルにて、薬剤師合同研修会が開催されました。

年に1度、ほくやく・竹山ホールディングスの調剤事業各社の薬剤師が集まり、一緒に学びます。

今回も約180名の薬剤師が出席し、有意義な研修を行うことができました。

まずは、開会の挨拶を株式会社ほくやく・竹山ホールディングス代表取締役社長 眞鍋雅昭様より頂戴いたしました。その中で、今後は多職種連携が大切になり、医療業界だけではなく、他の産業とも連携が必要になってくるというお話がありました。

次に、安全管理レクチュアを株式会社パルス 教育情報部長 玉田直己様よりご講義いただきました。車の運転を例に安全管理について、質問を交えながら、対策と効果について学びました。

午前の部、最後は3社の管理栄養士による合同の管理栄養士セミナーでした。

かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局のために各社の管理栄養士がどのようなことができるのか、打ち合わせを行い、それぞれの分野を各社が担当し、合同でセミナーを開催することができました。

「ビタミン・ミネラルについて」

北日本調剤からは加清桃子さんが代表して発表しました。

今後の活躍も期待したいと思います。

 

午後の部は、管理栄養士の活動報告からスタート。栄養指導の成果についてお話がありました。

その後は各社の薬剤師による発表です。北日本調剤は、あたご調剤薬局の田中宏樹薬局長が「地域に根ざした信頼される薬局を目指して」という演題で発表しました。

前日から緊張していた田中薬局長。

登壇するまでもドキドキが伝わってきました。

大勢の人の前で話す機会はなかなかないので、良い経験になったことでしょう。

自分の伝えたいことは伝えられたのかな?

 

そして、メインの特別講演です。今回は、昭和大学 薬学部 社会健康薬学講座 地域医療薬学部門 教授 倉田なおみ先生に「薬剤師のソコヂカラ」という演題でご講義いただきました。

運動機能障害や嚥下困難のある患者様へ薬剤師としてのアプローチについて、とても興味深く、中身の濃い内容で、時間を忘れてしまうほど面白いお話でした。

「薬剤師mind」、みんな刺激されました?

もっと、お話を聞きたいと思ったご講義でした。

倉田先生には大変感謝しております。

 

最後の閉会の挨拶は、株式会社ほくやく・竹山ホールディングス 顧問 眞鍋晃彦様より頂戴いたしました。調剤薬局だけではなく卸自体もいろいろなことが要求される時代になってきたというお話で締めくくりました。

研修会開催に当たって、ご協力いただきました皆様にお礼を申し上げます。

また、来年も研修会が成功しますように・・・

(文責 阿部倫子)

 

 

 

 

 

 

 

Page Top